2010/10/29

新蕎麦。

もともと ネタもいい 味もいい 居酒屋さんですが、
大将が突然「蕎麦屋になる。」と子供のように言いだし、
まさに試行錯誤。 細すぎたり 短かすぎたり 粉のうんちくを聞かされたり、
どこまで本気なのか見守っていたら、
凝りだしたら深いらしく 最近の蕎麦はうまい。

九割そばで のどごしを追求していて、つゆもうまい。
本当に蕎麦屋になってもいけそうな味だけど、蕎麦屋じゃ無く。

私の望みどうり おいしい料理と酒の後に 
蕎麦屋よりも うまい蕎麦でしめる。 最強の居酒屋になりつつある  かも。
      肴やにて。

2010/10/28

京都 緑寿庵清水の金平糖。

金平糖を作るって 手間がかかるらしい事を
遅ればせながら ここの説明書きを読んで知りました。

ここの金平糖は 年間購入する方が たくさんみえるほど、
種類が豊富で このほかに 日本酒 キャラメル ブランデー さくら トマト チョコ 梅酒 ワイン
などなど いろんな味があり 入手困難な味も有るほど 人気らしい。

栗好き事務の高木さんには 焼き栗味を おすそ分けいたします。

2010/10/22

クライマックスシリーズもクライマックス。

熱狂的なドラゴンズファンでは ありませんでしたが、
たまたま居酒屋の隣の席に 中日の選手が座っていたり、
知り合いの息子さんが 野球を志したけど 肩を壊し落ち込んでいるのを
立浪さんに伝えたら Tシャツに励ましの メッセージを書いてもらえたりと、
親しみが湧いて来まして、
今年二回目 息子とナゴヤドームに行きました。
もちろんお弁当とビールは欠かせません。
試合結果は時の運として、
試合前のセレモニーで ドアラが客席に投げたボールが 
私の真上を通過しました。
その時 私の膝の上には 「満塁ホームラン弁当」があり
立ち上がれば 真正面だったのに 無念の結果でした。

2010/10/19

いま私は悩んでいます。

今 午後五時です 私は事務所にいます


つい先ほどスタッフから「黒糖饅頭(こしあん)」を頂きました。


事務員さん達は今 帰って行きました。


事務所には私一人です おなかは「黒糖饅頭(こしあん)」を欲しがっています。


今日はこの後 8時からミーティングが事務所であります。


その後は食事に行くと思われます。


この年になると間食を控えなくてはいけない事が増えてきました。


しかし甘いものは大好きです 


どうしても食なければイケナイような 珍しいものでは在りませんが


此処にあると 気になって仕方がありません 


さて私は 午後8時までに 「黒糖饅頭(こしあん)」を 食べるのでしょうか? 

2010/10/18

かわいいなす。


食べるなら 普通のナスの方がおいしい。
 
志ば仙にて。
 

2010/10/14

国産松茸。

日本産の松茸です。
なぜ日本産の松茸は 香りが良いのだろう。

大将が 「意外に今年は 岩手を中心に 豊作で 価格もそれほど高くない」というので。

「じゃあどの位するの?」と聞くと、

大将いわく「値段を考えたら出せない。」との事。

こだわってる店は 意地でも仕入れる、やっぱり松茸。
「いちたか」にて

2010/10/11

大安吉日 NYNY犬山店 山川君の結婚式。
















当社 統括マネージャー山川が結婚式を挙げました。
繁忙期の日曜日にもかかわらず これだけのスタッフが 参加出来た事が
山川自ら しっかりと組織を築いている証です。
これからますます みんなの為に 頑張ってください。

余興の方は 多治見店の藪下君たちが 受付の東丸さんによる ミッキーとミニーの手作り衣装を 身にまとい エレクトリカルパレードで登場し 風船芸を見せてくれました。
かなり多治見店で リハーサルを重ね 会場の下見までしたそうです。
そこまでしてくれるのはのは やはり山川君の人徳です。

2010/10/06

手作りの栗金糖。

栗好き事務の高木さんが、
5時間かけて 皮をむいて 蒸して つぶして 形にして
40個も作ってくれました。

今年は 猛暑で栗がいつもよりパサパサとの事でしたが、

市販の味付けと違い うっすらと塩味が効いてて 砂糖少なめの

この栗金糖は いくつでも食べれそうな味でした。

2010/10/04

ファッションショーのオーディション。

10月31日(土)可児市で開催される 花フェスタ記念公園「ばらまつり」
ファッションショーに 一般参加される方のオーデションに 審査員で参加させて頂きました。

当日は 高橋真依子さん 尾崎紗代子さん 里見茜さんの東京モデル

平田香織さん 奈々子さん 相川友希さん 野呂陽菜さんなどの名古屋モデル
と同じステージに上がれる為か、皆さんレベルが高く その上、
想像を超える自己PRで、全員出場して頂きたい思いでいっぱいですが。 選ばなければならない つらさや 申し訳なさを 体験させて頂きました。

このショーの ヘアー メイクを 当社のスタッフが 担当させて頂きます。
全力で盛り上げたいと思いますので よろしくお願いいたします。

2010/10/01