2009/02/28

卒業 おめでとう。

 娘の高校の卒業式を 見に行ってしまいました。
忘れかけていた事を 思い出したような気がします。
こんな時に「心が洗われた」とでも 言うんでしょうか?
お店を始めてから18年 ほぼ 娘の成長とリンクします。
小さな娘の寝顔にガッツポーズして 自分を奮い立たせたのは事実ですし。
あるテレビ番組で 「抱っこのしすぎなど ありません」と誰かが言っていたので、
時間が有れば 朝から晩まで ず~っと抱っこしていたのは、まだ感触が残っています。
娘が高校三年になった時 私の意外と人見知りな所が似たのか 学校を辞めたい などと、
スッタモンダがありまして 私は 考える限りの ありとあらゆる言葉を使い、
説き伏せようとしましたが、まったく 通じず、「どうしよう」と この時ほど 
自分の無力さを 痛感したことはありませんでした。
数日後 話し合いの末 策が無くなった時 なぜか すがる様に発した言葉が
「お父さんの為に卒業して」でした。するとすぐに「わっかた 卒業する」と言ってくれました。
卒業式は 担任の先生には申し訳ないほど ご尽力頂いたにもかかわらず、電話でしかお礼を言えて
無かったので 是非お会いしたかったのと 
何より 娘の卒業する時の姿を見たかったから行きました。 
 あと息子が二人いますが 卒業式には行かないと思います。
それともう一つ このブログが消えていたら「何をネタにしとんじゃい」と娘に叱られたと 思ってください。