2013/03/06

イタリアの思い出、肉屋のおじさん。


見事な肉を撮らせて下さいと、店の隅にいたご主人にお願いしたら、「俺はここでいいか?」と真中に納まってくれました、イタリアがますます楽しくなった瞬間でした。