2012/09/15

中学校の運動会。

中学校の運動会なんて親が行くもんじゃないと 上の子二人の時も行きませんでしたが、
末の息子が運動会の練習で 「三年連続で大縄跳びの回し手で筋肉痛だ」と、アピールしてくるもので、「最後だし 行ってやるか。」と 100m走 リレー 大縄跳びを見に行って来ました。
三年前 この子が六年生最後の運動会、組み体操も感動しましたが、意外と中学生は中学生なりに良い思い出を貰いました。

100メートル走は 生徒のおとぼけ実況で楽しませて頂き、
リレーはいつでも盛り上がるもので、この子がサッカー部なのは知っていたが、こんなに足が速かったのかと いまさら気付かされ、
いよいよ筋肉痛の素 大縄跳びです。
15分で何回飛べるのか?と いたってシンプルに始まりました クラス対抗で同時に始まり 5分もすると だんだん脱落するクラスが出て、10分になるとうちの子のクラスだけ、そこからが長い長い。
女子から整列して揃って飛ぶ姿は ダンスで華麗にステップを刻んでいる様、そこに縄が正確に通過する光景は実に美しい、
しかし 炎天下、一人ひとり表情は 汗を拭くのも忘れて超真剣。大縄を回す息子は超必死。
結果 15分で450回、一度も縄にかかることなく飛び切りました。
「たくましくなったな。」 これが感想です。
きょうは よく頑張ったと声をかけてやります。    

3年前の小学校最後の運動会の様子