2012/06/28

百歳の島。

今朝ふとテレビを見ると 百歳を超えるお年寄りが多い長寿の島で、レポーターがそのお年寄りに話しかける という有りがちな企画でしたが、お年寄りは皆親切で 「家に寄って行きなさい」と案内しお茶を出していました。

その中で 一人暮らしのお年寄りが、昼ごはんを作って出してくれて、レポーターが思わず言った「おいしい」の一言に 涙を見せて「うれしい」と応えていました。

私自身 祖母を泣かせてしまったのは、一人暮らしを始める時に「寂しいけど仕方が無いやないか。」と泣いていた様な事を除くと 覚えているのは 一度だけです。
その愚かな話は、祖母は 親戚が集まった時などに ほんとに楽しそうに いっぱいの料理を出してくれる人でした。
ある年に 私が「茶碗蒸しが何で無いの いつもはちゃんとしてくれたやないか。」という自分では普通の言葉に、「やってやりたくても 昔のようには出来んようになった。」と大泣きしてしまいました。
当時は子供でしたが、こんな悲しそうな祖母は初めてで もちろんあやまって、 これは大変な事を言ってしまったと 年々理解が深まるにつれ いまでも後悔をしています。

してあげたいたい気持ちは年々増していくのに 出来る事は老いによっても限られていきます、でも常に 私の為に し続けてくれました。
日常から 少しの事でも感謝する人になり、
人の為にしてあげて 喜んで貰えた時が こんなに嬉しい事なんだ。
と思える 一日一日を送っていれば、

前日行われた お客様に信頼して頂く為の講習も 「常識の話とすぐ理解できるのに 又は了解済みの話になるのに」と思い、
テレビの一コマが つい気になってしまいました。
心の健康が長寿の秘訣か?